YouTube広告で掲載することで新たな集客が見込める

広告navi

知っておきたい情報

PC

メリットについて

YouTube広告を活用すること様々なメリットがあります。メリットについてはこちらのページにまとめているので、ぜひチェックしてみてください。きっとYouTube広告の良さに気付くでしょう。

READ MORE

YouTube広告で気を付けるべき点

目標を決める

YouTubeを再生した後にユーザーを手引きする形で企業のページに引き込みます。そこでは、どれぐらいの方が更なるアクションを起こしたのかを確認する必要があるのです。そして、そのデータを元に目標を設定して取り組んでいく必要があります。

配信先を限定する

YouTubeの場合は、数多くのユーザーが利用しています。そのため、もし、広大なフィールドでYouTube広告を提供した場合、興味のないユーザーに見られます。その結果、無駄な広告費に加えて、企業のブランドイメージを下げてしまう可能性があるのです。だから、配信先を利益を見込むことができるユーザーに絞る必要があります。

言葉や画像でユーザーの興味を惹く

YouTube広告といっても様々な表示方法があります。そのため、ユーザーによって興味が沸く文章を提供することが大切になるのです。しっかりと戦略を練った上で、YouTube広告を活用しましょう。

5秒が大事

YouTube広告は、広告を5秒でスキップすることが可能です。そのため最初の5秒の間にどれだけのユーザーをその動画に引き込むかがとても大切なのです。5秒で広告をスキップした場合は、企業として広告費はかかりません。しかし、5秒以上閲覧した場合は広告費用がかかります。そのため、興味のないユーザーであれば、無駄な費用をかけないためにも次のステップに行くように促すようなものを作成しないといけないのです。

質の良い動画制作

ユーザーの目を引くためには、質の良い動画を制作する必要があります。もし、質が悪いまま動画として提供したとしても、企業のマイナスにしかならないことなのです。だから広告として投降することであれば、しっかりとユーザーが求めているものを提供する必要があります。

YouTube広告について

女の人

True view広告とは

True view広告というのは、YouTube内の広告です。この広告をクリックすると広告が流れて、多くの人に様々な情報を提供できます。この広告の表示方法には2種類あり、インディスプレイ広告とインストリーム広告になります。企業のPRをするためにYouTube広告を活用する企業がどんどん増えてきました。マーケティング戦略としてYouTube広告というのは欠かせないものとなっているのです。マーケットとしてかなり大きいため、より多くの人に知ってもらうことができます。現代人に合致した手立てと言えるでしょう。

インディスプレイ広告とインストリーム広告について

インディスプレイ広告は、見たい動画を探す際にそのキーワードで検査されたときにまた動画が再生されているときに、関係のある動画としてユーザーに提案をする戦略となります。そして、このインディスプレイ広告の場合はクリックされた時点でお金が発生するものとなっています。一方インストリーム広告は、動画を閲覧する直前に流れる広告になります。この広告に関しては、ランダムで再生されるものとなっているのです。そして、再生されたインストリーム広告は5秒を閲覧すると勝手にスキップできます。また、その広告の中でも純広告型というものがあり、インストリーム広告よりも再生時間が15秒間に決められており、スキップすることができないものとなっています。この場合は30秒以上閲覧された場合のみ費用が発生するというものになります。そして、広告を表示している最中に企業の広告を張り付けることもできるため、企業のサイトまで閲覧者を誘うことができるのです。

測定ツール

YouTube広告は多くのユーザーに情報を提供する方法として捉えられています。しかし、その他にも重要な役目があり、それが測定することができるということなのです。実際にYouTubeを見ている方は世界中にいます。そして、広告を貼りつけることで、実際にどのくらいのユーザーに表示されたのか、どのくらいのユーザーに広告を表示するためにクリックされたのかの統計を取ることができるのです。その統計したデータを元に新たなマーケティング戦略を立てることが出来るのです。このようにYouTube広告は多くの方に知ってもらうために行うと共に、どれくらいの人が認知しているのかを判断することができるツールとなっているのです。

広告募集中